水戸駅すぐ側!手ぶらBBQにピッツァにカフェ!オープンテラス ME-EAT(水戸)

ABOUT US

CONCEPT

水戸を丸ごと食べ尽くす!
ミーイートで水戸の美味しいをたっぷり味わって!

水戸ど真ん中再生プロジェクト」の新たな取り組みとして、水戸駅をでて国道50号沿いのまさに水戸の“ど真ん中”に位置する「南町自由広場」に誕生する「まちなか・スポーツ・にぎわい広場(通称:M-SPO)」。 その中で一足お先にオープンしたオープンエアーな屋外レストランの「オープンテラス ミーイート」。 気軽に楽しめるアメリカンフードにイタリアンをベースとした多国籍のエッセンスを取り入れて、ヘルシーかつボリューミーにアレンジ。 地産や旬の素材にこだわった食材をBBQ(もちろん手ぶら!)やレストランスタイルで楽しめます。

メニューはこちら!

水戸の食材を使ったBBQでは、気の知れた人達と一緒に語らい、BBQエリアを囲むカフェでは、居心地の良いインテリアで寛ぐ、心が旅する音楽を聴きながら。
同広場内に開設のプロバスケットボールチーム「茨城ロボッツ」のアリーナは多目的ホールとして様々なイベントも開催。
水戸の中心に水戸の人達と共に美味しさと楽しさを生み出していきます。

まちなか・スポーツ
・にぎわい広場


水戸のど真ん中にある『南町自由広場』が全ての世代が集まれる場所として生まれ変わります。サイバーダイン茨城ロボッツのアリーナとオープンカフェを中心としたスポーツと食が楽しめるこの場所をM-SPOとして、茨城ロボッツの一部練習での利用を始め、地位住民にも利用できる施設として開放! M-SPOが賑わうことで、周辺エリアにもそのにぎわいを広げていきたいと考えています。

水戸ど真ん中再生
プロジェクト


水戸出身の起業家である堀義人の呼びかけにより、2016年2月に発足した官民連携で中心市街地を再活性することを目指すプラットフォーム。「水戸で活躍する方」「水戸出身の方」「水戸に新たな事業等を検討いただける方」によって構成され、6つのワーキンググループを立ち上げ議論を展開。具体的事業の創出に勤めている。


MESSAGE

市長始め、皆さんに応援メッセージいただきました!

水戸ど真ん中再生プロジェクトの一端として、新たなカフェ「ME-EAT」がいよいよ先行オープンします。地域の食材をふんだんに使い魅力を全国に発信する拠点として、食を通した新たな文化を紡ぐ拠点として、新たなにぎわいを生み出していくことを大きく期待しています。この秋には民間連携事業として(仮称)まちなか・スポーツ・にぎわい広場(通称:M-SPO)もグランドオープンします。これらの取組を契機として更なる交流を創出させながら、中心市街地全体の発展を目指してまいります!

水戸市
高橋 靖 市長

友人の佐藤裕久さんが率いる「バルニバービ」が、南町自由広場を活用した「M-SPO」に「ME-EAT」を出店することに感謝します。「水戸のにぎわいを取り戻したい」という思いで水戸ど真ん中再生プロジェクトを昨年2月に立ち上げました。課題になったのが中心の空き地でした。そこにカフェとアリーナを創りたいと思い、友人の佐藤さんにお願いしました。カフェの力で水戸の風景が変わることを期待しています。

水戸ど真ん中再生プロジェクト
堀 義人 座長

この度、「まちなか・スポーツ・にぎわい広場(通称:M-SPO)に、ME-EAT様にご出店をいただく運びとなりました。佐藤社長をはじめとしたバルニバービの皆様のご尽力、高橋市長をはじめとする水戸市の皆様のご協力、そして、このプロジェクトの発起人である堀義人様に心から感謝申し上げます。「食」と「スポーツ」で水戸の中心部ににぎわいを伝播して参ります!

サイバーダイン茨城ロボッツ
山谷 拓志 代表